サクラ散る?!

桜も散ってようやく暖かさが安定してきた今日この頃、
ふと思いついた。
「そう言えば警察の拳銃はニューナンブM60から更新が進んでS&W M37エアウエイトになっていると思っていたのだが、S&W M360J(通称:サクラ)になっている。」とか。

「サクラ」ってどんな銃?
調べてみたらこんな銃でした。
swm360.jpg
※S&W公式サイトより画像参照 http://www.smith-wesson.com/

これは日本警察向けのJモデルではありませんが、違いはグリップフレームの下側に恒例のランヤードリングが付いてグリップの形状が違う事位かと思います。

一見エジェクターシュラウドの付いたチーフか?と思ってしまいますが、中身が違うということです。
最大の違いは撃発方式で、従来のハンマーに撃針の付いたタイプではなく、コルト社のパイソンやスタームルガー社のセキュリティーシックスのようにフレーム側に撃針がセットされているとの事です。

外観上は銃身のサイドがフラットに削られているのと、ハンマーが小ぶりになりスパー部分しか見えていない点が特徴ですが、
警官の腰に下がっている場合、ホルスターにほとんど隠れてわずかにグリップの下側しか見えないようなので、
どの銃を携行しているのかは判断しかねるかと。

シリンダーリリース用のサムピースの上側フレームにキーロックが付いていますが、
果たして日本の場合、このロックを掛けたまま携行するのでしょうか?
ニューナンブM60やM37エアウエイトの時はトリガーガードとトリガーの間にセフティスペーサーを挿入して指が入らないようにしているとか聞きますし。
スペーサーならかんたんに外せて射撃体勢に持っていきやすいけれど、
キーロックだと緊急時には解除に時間がかかるのでは?
それとも従来どおりスペーサーを入れておくのかな?

なんか数年前に200丁ほど不具合のある銃が出たとか。
銃身付け根にヒビ?!これは致命的な欠陥では無いかい?
年に数回の訓練以外ほとんど撃たない日本での使用状況でこれですか?
「リボルバーのS&W」の名が泣くよ。

それはさておきこのモデルをエアガン化・モデルガン化するメーカーは出るか?

マルシン/8mmポリスリボルバータナカ/S&W M37エアウエイト
今までマルシンさんが8mmポリス(ニューナンブM60)ガスガンを、
タナカさんがM37エアウエイトのガスガン・モデルガンを出してきているので、
もしかしたらこの2社のどちらかがやる可能性はあるかも。

最近の新製品はリメイクや再販ものが多いのでここらで「ドン!」と新機種のモデルアップを願いたい物です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NODA-YA

Author:NODA-YA
宮城県仙台市の総合ホビーショップ「ノダヤ」です。「NODA-YA​」とも書きます。モデルガン、エアガン、プラモデル、フィギュアなどの販売から模型(フィギュア、ガンプラ等)の製作代行もしております。
​仙台にお越しの説は是非ご来店下さい。楽しくお話いたしましょう。 .

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる